棚橋弘至&タイガーマスク、木村ひさし監督と記念撮影!

3月18日に2時間スペシャルで放送される、嵐・松本潤主演の連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』(TBS系、毎週日曜21:00~)の最終話(第9話)に、棚橋弘至とタイガーマスクが出演することがわかった。

本作は、個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。松本が主人公の弁護士・深山大翔を、木村文乃が元裁判官の尾崎舞子を、香川照之が深山とチームを組む弁護士・佐田篤弘を演じている。

既に中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、元横浜DeNAベイスターズの三浦大輔などの出演が発表されている最終話。今回発表された棚橋は、「100年に一人の逸材」と呼ばれ、3月9日に右膝変形性関節症から電撃復帰を遂げた。国内プロレス界最高峰となるIWGPヘビー級王座の最多戴冠記録保持をはじめ、数々のタイトル歴を持つ実力だけでなく、プロレス好き女子(=プ女子)ブームの火付け役でもある。オカダ・カズチカや内藤哲也が台頭するまで10年以上、先頭に立って新日本プロレスを支えてきた、大人気イケメンプロレスラーだ。今月行われた復帰戦でも、周囲から怪我の悪化を危ぶむ声もある中、逸材・棚橋としてファンの期待に試合結果で応え、再びリングでの注目を集めている。棚橋は「満を持しての登場。いや、念願叶っての登場。しかも最終回! とても嬉しく思います。お楽しみに! では、最後に『99.9』愛してま~す!」と元気にコメント。

さらに、プロレスファンでなくとも誰しも一度は耳にしたことのある覆面レスラー・タイガーマスクは、80年代に空前のプロレスブームを起こし、社会現象とまでなった初代タイガーマスクの教えを受けた“直系の虎”だ。現在は4代目となる。タイガーマスクは「最も重要な最終回に出演させていただき、本当に有難うございました! 自分は演技と呼べるレベルでは到底ないですが、0.1%のインパクトが残せたら有難いです(笑)。松本さんを始め、出演者の方々からも温かく迎えていただき、素晴らしい空間を体験できました。木村ひさし監督のプロレス愛も熱く、濃厚な最終回になっていると思います。楽しみにしていて下さい」とメッセージを寄せている。