[ヨハネスブルク 13日 ロイター] - 音楽ストリーミング配信サービス大手スポティファイは13日、南アフリカでサービスを開始する。同国ではスマートフォンが急速に普及し、通信インフラの整備も進んでいる。

スポティファイは2008年から音楽配信サービスを開始。現在60カ国以上でサービスを展開している。

2月には米ニューヨーク証券取引所(NYSE)への直接上場(ダイレクト・リスティング)を申請した。

南アでのサービス料金や配信コンテンツなどの詳細は13日に発表予定という。

南アの音楽配信市場では、アップル<AAPL.O>やグーグル<GOOGL.O>、フランスのDeezer(ディーザー)などが既にサービスを提供している。