[東京 12日 ロイター] - コインチェックは12日、仮想通貨NEMの流出被害に遭った約26万人を対象とする補償を同日中に行うと発表した。補償総額は約466億円(訂正)。

補償は日本円で行う。預金口座への振込ではなく、顧客が保有するコインチェックのアカウントの残高に補償額を反映する。

同社はまた、外部専門家の協力のもと、技術面の安全性確認ができたとして、一部サービスを12日に再開すると発表した。

再開するサービスは、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインの出金と、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの売却。

*補償総額を「約463億円」から「約466億円」に訂正しました。

(和田崇彦)