折口弥一(佐藤)を訪ねてきたのは…?

田亀源五郎による同名漫画を原作としたプレミアムドラマ『弟の夫』(BSプレミアム、毎週日曜22:00)の第2話が、3月11日に放送される。同作は、LGBTという現代的かつ繊細な題材でありながら、心がほっこり温まる、今までにないホームドラマで、佐藤隆太、把瑠都、中村ゆりらが出演している。

主人公の折口弥一(佐藤)は、真面目な性格で、娘の夏菜(根本真陽)を男手ひとつで育てている。双子の弟・涼二がいたが、14歳の時に涼二からあることを告げられて以来、ずっと疎遠となっていた。その涼二の同性婚パートナーのマイク(把瑠都)が、涼二が亡くなりはるばるカナダから弥一に会いにやってきたのだ。そうして風変わりな共同生活が始まった……。

第1話では、突然訪ねてきた弟の夫・マイクを前に、驚きつつも共同生活がスタートするが、弥一はゲイに対する偏見が拭えず、どう接していいか戸惑う場面も。

第2話では、だんだんとマイクと打ち解けて来た弥一だったが、夏菜から「アクエイキョーって何?」と尋ねられる。その日、夏菜の友達・ユキ(平尾菜々花)が家に遊びに来る予定だったが、急に来られなくなっていた。弥一は、ユキの親がマイクを指してそう言ったのではと思い当たり、複雑な気持ちになる。そんな折り、弥一たちはあるきっかけで、弥一の元妻・夏樹(中村)を誘って温泉旅行へ出かけることに……。