BASF(日本法人:BASFジャパン)は、戸田工業との新たな協業の拠点となる「BASF Toda America LLC」(以下、BTA)において、協業運営を開始したことを発表した。

(左)BASF触媒事業本部プレジデント ケニス・レーン氏、(右)戸田工業 代表取締役社長 寳來茂氏

(左)BASF触媒事業本部プレジデント ケニス・レーン氏、(右)戸田工業 代表取締役社長 寳來茂氏

BTAは、2015年に設立されたBASF戸田バッテリーマテリアルズに続き、BASFと戸田工業との2度目の協業となる。 BTAはBASFが株式の過半数を保有する合弁会社となり、高容量の三元系正極材(NCM)とニッケル系正極材(NCA)をe-モビリティ向けに製造販売する。

BTAは、米国ミシガン州バトルクリークおよびオハイオ州エリリアにある生産拠点より、正極材料の製造に関する優れた専門技術を提供する。北米でのフットプリントの拡大でBASFは戦略的供給体制を確保し、画期的な正極材料の生産によりグローバルに 展開する顧客のニーズに応えることができるようになる。

なお、BASFの触媒事業本部プレジデントであるケニス・レーン氏は、次のように述べている。「BTAの設立は、BASFの電池材料事業の更なる戦略的前進です。BASFは現在、電 池材料を主要な自動車用プラットフォームに供給しており、近い将来に立ち上がるプラットフォームの認証獲得をも進めています。この投資により、BASFは電池材料の製 造においてグローバルメーカーとしての存在感を確立し、高まる市場のニーズに対応 していきます。」

また、 BASFの電池材料事業部シニア・バイスプレジデント、ジェフリー・ロウ氏は次のように述べている。「北米の自動車メーカーのお客様と協業し、サービスをご提 供するにあたり、現地生産によって BASF の能力は強化されます。BASF のグロー バルな研究開発資源と比類のない技術ポートフォリオを組み合わせることでお客様 のご要望をサポートし、急速に拡大する北米や他の地域の e-モビリティ正極材料市 場の発展に、積極的な役割を果たすことができます。」