俳優の唐沢寿明が、4月2日(月)20時より3時間にわたり放送される『ドラマ特別企画「がん消滅の罠」』(TBS系)にて、12年ぶりに医師役を演じる。

本作は、第15回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2017年1月に単行本が発売され話題となった、岩木一麻による小説「がん消滅の罠~完全寛解の謎」のドラマ化。今日の医学の進歩により、がんは共に生きる時代となっており、日常生活を送りながら長期間の延命が可能な病と言われるまでになってきた。そんながんの「寛解」が操作される時代になったという大胆な物語が展開される。

日本最高峰のがん医療を提供する日本がんセンターの呼吸器内科医・夏目典明(唐沢)は、ある日手の施しようのない末期がん患者を担当することに。しかし、患者が生命保険金の生前給付を受け取った直後、がんが「完全寛解」するという出来事に次々と直面。連続して起こるがん消滅は奇跡なのか陰謀なのか? 夏目の高校時代の同級生で、同じく日本がんセンターで働く変わり者の研究医・羽島悠馬(渡部篤郎)と、夏目・羽島と高校時代からの同級生で、保険会社に勤務する森川雄一(及川光博)と共に、自らの担当患者が完全寛解した謎に挑む。唐沢と渡部は、今回が初共演となる。

また、夏目の妻でフリーの雑誌記者・夏目紗季役に麻生久美子。患者として夏目の診察を受ける患者・榊原一成役に吉田鋼太郎。がん寛解の謎に何らかの関連を持つ、湾岸医療センターの医師・宇垣玲奈役にりょう。そして、夏目の学生時代の担当教授であり、最も尊敬する医師だったが、一人娘をがんで亡くしたことをきっかけに、20年間消息不明となっていた医師・西條征士郎役を北大路欣也が演じる。唐沢、渡部、及川、倉貫健二郎プロデューサーのコメントは以下の通り。

<唐沢寿明>
今回演じる夏目典明は、スーパードクターではなく“普通”の医者。原作では、いろんなことに巻き込まれ、翻弄されてしまう、どこか主人公っぽくない役どころでした。今回ドラマでは、原作の世界観は生かしながらも、よりドラマチックな脚本になっています。渡部さんとは今回が初共演。演技の現場でご一緒するのは初めてですので、非常に楽しみにしています。見どころは「なぜ、がんは消滅したのか」というところ。原作を読んだ本職の医者でも翻弄されてしまったというくらいの「謎」を解明していく過程は、この作品の一番の肝になっていると思います。医療が進化し、がんが治せる時代になった今、このリアルとフィクションの狭間のような作品は、僕が一視聴者であっても非常に興味深いテーマです。本当にストーリーが面白いので、役に身を任せて演じようと思っています。

<渡部篤郎>
重厚感のある原作の、ドラマ化を見てくださる方々に楽しんで頂くよう、スタッフ、キャストで繊細に作っています。唐沢さんは数多くの名作を作りあげた方です。ご一緒させていただくのは初めてですが、最高のエンターテインメントになるよう導いてくれます。素晴らしい原作、キャスト、スタッフに恵まれて、心より感謝しています。

<及川光博>
森川は、とある事案から唐沢さん演じる夏目の保険金詐欺への加担を疑い始めるという役どころ。夏目の同級生で親友でもあります。僕と唐沢さんが同級生に見えるかどうかはさておき(笑)、日頃からプライベートで食事をご一緒する仲なので、その距離感を演技に活かせればと思います。渡部さんとの共演も久しぶり。3人の関係性が楽しみですね。先輩方の胸を借りて多くを学びたいと思います。

<プロデューサー・倉貫健二郎>
「がんが治る」と聞けばどう思いますか? この原作は、日本人の2人に1人が罹るがんを題材にし、末期がんの患者たちが次々に謎の完全寛解(完治)をしていくという驚愕の展開で幕を開けます。最新のがん治療を背景にした全く先の読めない展開は、圧倒的な面白さで読者に迫って来ます。この傑作医療ミステリーを、最高のキャストと最高のスタッフで映像化できることが嬉しくてなりません。春の放送を楽しみにお待ちください!