テレ東ドラマ新枠に出演する3人

テレビ東京系の月曜22時台に、ドラマ新枠「ドラマBiz」が誕生。その第1弾となる『ヘッドハンター』(4月クール)に、江口洋介、小池栄子、杉本哲太が出演することがわかった。

「ドラマBiz」では、“働く”ことをテーマとし、大人たちへ向けた上質で本格的なビジネスドラマが展開。記念すべき第1弾には、『ガイアの夜明け』の案内人を務める江口、ナレーターを務める杉本、そして『カンブリア宮殿』でサブインタビュアーを務める小池という、同局の経済番組の“顔”である3人が集結し、労働環境を背景にビジネスの「今」を切り取り、ビジネス人材のスカウトを生業とするヘッドハンター界の異端児・黒澤(江口)が、人のため、企業のため、そして自分のために奮闘する姿を描く。

経済番組に力を入れている同局だが、『ガイアの夜明け』のスタッフから「ドラマに興味がある」と聞き、タイミングもあって今回のオファーを受けたという江口。「働き方改革、対策などが押し寄せている世の中ですが、人々はより豊かさや幸せな生き方を目指していると思います。僕たちの役目は、その後押しをすること。転職の年齢も広がっているので、会社から会社に移る時の後押しをして、その人の人生を描きます」と語った。

また、江口は同局のドラマ初出演にして主演を務めるということで、「経済ドラマと言いながらも、すごく見やすい、ドラマとして楽しめるエンターテイメントになると、プロデューサーがおっしゃっていました。キャラクター作りも楽しんでやっていきたいです」と意気込んだ。

小池も「すごく楽しそう」だと思いオファーを受けたと言い、「テレビ東京さんの強みを最大限に活かした、こんな面白い企画はないんじゃないかと思いました」と絶賛。さらに「こんなに渋くて素敵な先輩方とやれるんだから、断る理由がない!」と、江口と杉本との共演を楽しみにしているよう。

そんな小池が演じるのは、業界最大手の転職斡旋会社の老舗「ブリッジ」のシニアバイスを務める、やり手の女性・赤城。江口演じる黒澤と敵対する立場にあるといい、「転職は人生の大きな節目。台本を読んで、ヘッドハントする側もこんなに苦悩しているんだというのがわかり、泣けました。そんな中で、黒澤と赤城が時に力を合わせるのか、それともお互い敵として良い人材を取り合うのか、1話ごとに動いていく」と説明した。

一方、杉本が演じるのは、黒澤が社長を務める会社「SAGASU」の総務・経理担当、灰谷哲也。黒澤との間に謎めいた関係性があるというのだが、杉本は言ってはいけない設定を会見中にポロリ。小池から「それ言っていいんですか?」と指摘されると、杉本は大慌てで「何かあるみたいです! 言えないんです! ごめんなさい!」と誤魔化し、記者の笑いを誘った。

最後に、改めて意気込みを聞かれると、江口は「人生の選択を迫られている人を後追しするという面白い世界で、見る人の共感も得られると思います。この時代ならではの、すごく新しい試み。僕も色々なドラマをやらせていただきましたけど、新しいものを生んでいく、これからスタートする楽しさを作っていきたい」と力強く語っていた。

なお、これまで月曜22時より放送されていた『未来世紀ジパング』は、4月より水曜22時枠に移動となる。