女優の吉永小百合が、3月6日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)に出演。マツコ・デラックスと初共演することがわかった。

一般人や文化人、時にはタレントや有名人のゲストが、自らの得意ジャンルを企画として持ち込み、マツコにプレゼンしていくスタイルの同番組。今回は、『北の桜守』(3月10日公開)で映画出演120本の節目となる吉永がゲストで、「吉永小百合の世界」が紹介される。

収録は、「お会いしないままでいたかった……」というマツコの心情の吐露から始まった。映画の世界で生きてきた吉永が感じているという「女優」という言葉への複雑な思いをマツコなりに紐解きながら、2人は徐々に打ち解けていく。そして、2人が見つめ合った瞬間に、マツコが思わず「忘れかけていた男の部分が……」とポツリ。

当時、吉永は1年に16本もの映画に出演していたという多忙極まる暮らしだったことや、映画『天使が俺を追い駈ける』(1961年・日活)で図らずも奪われたファーストキス喪失のショック話、映画女優として確固たる地位を築きながらも抱えていた知られざる苦悩と決断、そして人生を変えた結婚、さらに現在の妻としての思いなど、マツコだからと話した語ったようだ。

スタジオには「吉永小百合写真館」として、これまで吉永が出演した作品の大写真パネルが用意され、幼少期から10代の頃のブロマイド、写真家の巨匠が撮った貴重な披露され、デビュー作『朝を呼ぶ口笛』(1959年・松竹大船)から最新作『北の桜守』の中で、「震えた」「怖かった」「心にしみた」共演者とのエピソードが語られる。そして若かりし吉永の大変貴重な映像も披露。また彼女を長年知る関係者が明かす、飾らない吉永の素顔を紹介するコーナーも登場する。

収録を終えた吉永は、「出演が決まってからずっと番組を拝見してきましたけど、毎回知らない世界を番組で旅しているマツコさんは大変だなと思っていました。私も、どんなことでもお話しするつもりでいたので、マツコさんにお会いできると思ったら昨日は緊張して眠れませんでした。いざお会いしたらとても優しい方で、今日は全てを委ねられたと思います」と、ホッとした表情で初共演の感想を語った。

一方のマツコは、「間違いなく今日、日本の頂点に触れた気がしました。おそらく小百合さん以上の方は、この番組にご登場いただけないと思うので最終回のつもりで臨みました。お会いして、もう生命体としての強さが尋常じゃない。今まで会ったことが無い、落ちたての隕石から何かものすごいものが出ているみたいな、もう例えようの無いオーラと、女優の中に潜む「男」の部分を感じました。普段、この番組をご覧になってくださる皆さんが 納得できる話を吉永さんから引き出せたのか? どうかは番組をご覧いただければと思います」と語っている。