3月17日(土)公開の映画『ちはやふる-結び-』の完成披露試写会が20日、都内で行われ、広瀬すずら総勢12名が登壇。会場後方から登場した和服姿のキャスト陣は、中央のレッドカーペットで彩られたセンターステージを通り、大きな歓声と共にメインステージへ。主人公の綾瀬千早を演じる広瀬は、「続編の発表から、この完成披露という素敵な日を迎えられるとは、まったく想像できませんでした。2年ぶりに皆さんにこの場でお会いできることを本当にすごく幸せに思います」とあいさつした。

末次由紀の同名ヒットコミックを原作に、競技かるたに青春をかける高校生たちを描いた本シリーズ。2016年に『上の句』『下の句』が公開され、3部作目の本作が完結編となる。ステージには広瀬の他、野村周平、新田真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、優希美青、佐野勇斗、清原果耶、松岡茉優、賀来賢人に加え、メガホンをとった小泉徳宏監督も登壇した。

千早のように、何かに夢中になっている女の子を振り向かせるためにはどうするかと聞かれた新田は、「振り向かせるか~」と悩みつつも、「僕は何かに向かって頑張っているなら、それが達成するまで応援してあげたいし、終わるまでは集中できないと思うので、それが終わるまで……待つよ」と、最後はささやくように答え、会場を盛り上げた。

また、「俺は今すぐにでも振り向いてほしいから……」と同じ質問に答えていた野村が、横でじゃれ合っていた新田と広瀬に対し、「おい、なにやってんだよ」とツッコみ、「他の男としゃべってんじゃねーよ!」と絶叫する一幕も。これには会場のファンも大興奮。悲鳴にも似た歓声が上がっていた。

結局、野村の答えは「一緒に頑張る。一緒に頑張って、同意を求めます」というもの。この2人の答えに広瀬は、「待ってほしいです」と、新田の答えを選択。これを受けて、新田が「待ちます」と答えると、野村は「なんだよ、なんだよ、イケメン好きか?」といじけてみせ、会場の笑いを誘っていた。

終始、仲の良さを見せつけたキャスト陣。最後に、改めてあいさつを求められた広瀬は「こんな感じで大丈夫ですか? 皆さん、何か言い残したことはありますか?」と気遣いつつ、「この中には私たちにしか生まれなかったものが絶対にあると思っていて、それを一番大切にしています」と心境を告白。そして、「この3年間の全部をかけたつもりなので、千早たちが所属している瑞沢高校かるた部の思いだったり、(新田演じる)新の思いだったり、他の登場人物の思いを受け取ってもらえたら嬉しいです。自信を持ってお届けできる映画になったと思います。ぜひ、楽しんで見ていただけたら」とアピールしていた。