命とプライドをかけて、“海のダイヤモンド”=本マグロに真剣勝負を挑む青森・大間のマグロ漁師たちの世界を描く感動ドキュメンタリー『マグロに賭けた男たち』(テレビ朝日系)。その最新版が、2月18日(日)18時から2時間スペシャルで放送。そして、同日の15時20分からは、番組でおなじみとなった“悲運の漁師”山本秀勝さん(64歳)一家の軌跡を追う“特別編”も放送される。

山本さんは、番組が16年に渡って追いかけてきたマグロ一本釣り漁師。回を重ねるごとに山本さんを応援するファンが増え、SNS上では「毎年楽しみにしてる! 山本さん頑張れ」「応援したくなる」「山本さんにはほんと感動させられる」などの発言が飛び交い、毎年盛り上がっている。

そんな山本さんと取材班との出会いは、2002年冬。当時、番組が取材していたマグロ一本釣り漁師・渡辺良吉さんがマグロと格闘中に、颯爽とひとりの男が現れた。その男は、津軽海峡の荒海で船を乗り移り、渡辺さんと共にマグロを仕留めると、また自分の船へと帰っていった。その漁師こそが、山本さんだった。

しかし、当の山本さん自身は、マグロを釣り上げることができない日々が続いており、妻とは離婚。住まいは家賃3000円の町営住宅で、生活苦の中、男手ひとつで2人の息子を育てる。その一方で、マグロ漁に出るものの、マグロはまったく釣れず、つらい毎日……。しかし2005年、山本さんは、父が借金の連帯保証人になってくれたおかげで、借金することができ、最新機器ソナーを導入した。このとき3年ぶりに巨大マグロを釣り上げたのだ。

そして2007年には生まれて初めて1日2本の巨大マグロを釣り上げ、結婚が決まった長男・剛史さんの結納金100万円を用立てることができた。その剛史さんは、山本さんの背中を追ってついにマグロ漁師の道へ……。今回の『特別編』では、そんな山本さん一家のマグロに賭けた軌跡を追う。山本さんの生き様だけを綴る特番を放送するのは、2003年から続く番組の歴史の中でも初めてのこと。

また、18時からのSPでは、その山本さんの今シーズンの試練の日々が描かれる。今シーズンは、新たな試練が……。初めての衝突事故で船には大きな穴があき、このままでは漁に出られない最大のピンチ。“悲運の漁師”山本さんの今シーズンは、はたして!?