佐藤真弓役の中谷美紀

中谷美紀と玉木宏が、4月スタートの新ドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系、毎週金曜22:00~)にて夫婦役を演じることがわかった。

本作は、直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名長編小説のドラマ化。「夫婦の絆」をテーマに、2組の夫婦が、“落ちてはいけない恋”によって翻弄されていくという、予想外の展開でハラハラドキドキのストーリーが描かれる。放送にあたり、100人以上もの女性に「オンナの本音」をリサーチし、仕事と家事の両立、夫との生活、思春期の子育てなど、クスっと笑える“あるあるネタ”を盛り込んでいる。

中谷が演じるのは、結婚13年目の主婦・佐藤真弓。一人娘の中学受験が終わり一段落した真弓は、学費などで圧迫された家計を助けるべく、十数年ぶりに仕事に復帰しようと決意する。玉木演じる、住宅販売会社のサラリーマンで真弓の夫・秀明は、真弓が一人で頑張ろうとするほど窮屈さを感じ、対照的な性格の人妻と不倫に走ってしまう役どころだ。

また、物語のキーパーソンとなる中学校教師・茄子田太郎を演じるのは、ユースケ・サンタマリア。家庭的で美しい妻を持つが、時代錯誤といえるほどの亭主関白でいわゆるモラハラ夫。自宅の外でもトラブルメーカーだ。真弓と秀明とは、意図せず別々の場所で出会うことになる。

その家庭的で美しい妻、茄子田綾子を演じるのは、容貌や仕草、その高い演技力で独特の存在感を放つ女優・木村多江。夫と息子と共に、太郎の両親と同居する主婦として完璧な女性だ。家事と育児に没頭することで「幸せだ」と納得してきた綾子だったが、秀明と出会い、強く惹かれていく。

中谷は「家族だからこそ、身近だからこそ“ありがとう”や“ごめんなさい”が言えず、ほんの少しのボタンのかけ違いで夫婦の絆にヒビが入ってしまう、そんなリアルな夫婦像をお見せすることになると思います。ご夫婦の方々もこれからご夫婦になろうとしている方も、夫婦の絆、あるいは愛について楽しみながら、一緒に考えていただけたら」とコメント。

玉木は「一見幸せそうな夫婦を描いたストーリーですが、夫が越えてはいけない一線を越えてしまう、そこに夫婦の危機が訪れるのですが、それでも夫婦である以上、色々な壁を一緒に乗り越えていかなければならない。そのような状況に直面した時に、夫は、妻は、この問題をどう乗り越えていくのだろうというドラマです。大人の方や結婚されている方はもちろん、若い世代の方にも楽しんでいただける作品になると思います」と語るほか、「中谷さんには、これまで専業主婦の役というイメージがなかったのですが、今回2人で地に足が着いた夫婦役を演じられるということと、夫婦のシーンではクスッと笑える部分もあるので楽しみたいです」と意欲を見せている。

そして、ユースケは「よくあるドロドロ系だと思われるかもしれませんが、最終的な着地点は全然違うドラマです。この歳になったからこそやれる役ですし、今の流行りを狙ったような作品にはならないと感じたので、やりたいと思いました。新しい、2018年最新型の夫婦のドラマになると思います」とコメント。太郎役については「一見すると好かれる人間ではないと思いますが、僕は好感を持ちました。わざと嫌われる役や嫌な奴を演じようとは思っていませんし、太郎としても自分が信じていることを言動に起こしたら、世間的にはちょっと間違っている。きっと、皆さんのまわりにもたくさんいるような人間だと思います。でも、エンターテインメントとしては、男性の言いたいことを体言しているところに共感できる存在だと思います」と分析。

木村は「美紀ちゃんとユースケさんは何度も共演し、信頼できる楽しみな方々です。玉木さんは2度目ですが、真摯にお芝居される方。皆さんと化学反応し合いながら、心がチクチクするようなドラマを作れたら。誰かといても孤独で、その隙間をなんとか埋めたくてもがいている人達が、どうなっていくのか。登場人物たちの心を覗き見してください」とメッセージを寄せている。