2003年から続く、感動ドキュメンタリー『マグロに賭けた男たち』(テレビ朝日系)の最新作が、2月18日(日)18時から2時間SPで放送決定。命とプライドをかけて、“海のダイヤモンド”=本マグロに真剣勝負を挑む青森・大間のマグロ漁師たちの世界を大迫力の映像で描き出す。

今シーズンは、空前絶後の“爆釣”。なんとシリーズで過去最高となる釣果を記録し、かつてない大漁を激撮することができた。取材した漁師たちが釣り上げたマグロは総本数37本、総重量にして3085キロという大記録となっている。そんな爆釣シーズンにもかかわらず、番組が16年に渡って追いかけてきた“悲運の漁師”山本秀勝さん(64歳)は、思うようにはいかない様子……。

山本さんはかつて3年もの間、マグロを釣り上げることができなかった、悲運の一本釣り漁師。妻と離婚後、生活苦の中、男手ひとつで2人の息子を育て上げたことも番組で紹介。3年前、反対を押し切ってマグロ漁師となった長男・剛史さん(32歳)の手前、昨シーズンは実に4年ぶりに100キロ超の巨大マグロを釣り上げ、親父の意地を見せることができたが、今シーズンの山本さんは、はたして!? さらに今回は、長男・剛史さんが念願のマグロ一本釣りに初挑戦。悪戦苦闘する姿を追った。

また今回、番組初登場となるのが、南芳和さん(33歳)、竜平さん(24歳)の兄弟漁師。南兄弟は、大間で名の知られた一本釣り漁師で、兄・芳和さんは、以前から若手No.1として周囲に一目置かれ、今シーズンは大間で1、2を争うほどマグロを釣り上げている。これまで他局も含め、取材依頼をすべて断っていた彼が、今回ついに取材を許可した。カメラの前でも、毎日のようにマグロを釣り上げる南兄弟。しかも1日に何本ものマグロを仕留めてみせる。いったいなぜこんな神業が可能なのか!?

ほかにも、大間最年少の一本釣り漁師など、厳寒の津軽海峡を舞台に、一攫千金を狙うマグロ漁師たちの奮闘を徹底取材する。