甲子園球場[Getty Images]

 1月26日に「第90回選抜高等学校野球大会」の出場36校が発表された。明治神宮大会を制した明徳義塾(高知)をはじめ、明治神宮大会準優勝の創成館(長崎)、昨年の選抜覇者・大阪桐蔭(大阪)などが順当に選出された。一方で、作新学院(栃木)、高松商(香川)などが出場を逃した。

 特に関東・東京(6枠)、近畿(6枠)、中国・四国(7枠)は地区大会ベスト4、8のうち1、2校がセンバツの切符を手にすることができるが、残りの学校は出場できないシステムとなっている。

関東・東京は関東大会ベスト4に入った中央学院(千葉)、明秀日立(茨城)、東海大相模(神奈川)、慶応(神奈川)、東京大会を制した日大三の5校がセンバツ出場の切符を掴んだ。6つ目の枠を関東大会ベスト8の学校と、東京都大会準優勝校の2校で争った。

 今大会は国学院栃木(栃木)がセンバツの出場枠を確保し、関東大会ベスト8の作新学院(栃木)、高崎健康福祉大高崎(群馬)、霞ケ浦(茨城)の3校と東京都大会準優勝の佼成学園が涙をのんだ。

 また、今大会は第90回の記念大会ということもあり出場校が4校多く、東北、北信越、東海は通常の2枠から1つ増えて3枠となった。ベスト4に入った学校のうち3校はセンバツに出場できたが、東北は能代松陽(秋田)、北信越は富山国際大付(富山)、東海は中京学院大中京(岐阜)が惜しくも出場を逃した。

 その他、近畿大会ベスト8の近大付(大阪)、四国大会ベスト4の高松商(香川)などがセンバツ出場を逃している。