連続ドラマ『FINAL CUT』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の主演を務める亀梨和也が、第3話放送当日の1月23日(火)に来阪。1日かけて、『FINAL CUT』の大阪キャンペーンを行い、カンテレをジャックすることが決定した。

当日の朝、亀梨は、9時50分から放送の情報番組『よ~いドン!』に生出演。続いてカンテレ本社で行われるトークイベントに登壇後、バラエティー番組『マルコポロリ!』の収録に参加し、16時台には生CMに出演。さらに、17時台にはニュース番組『報道ランナー』に生出演し、19時台の生CMにも出演する予定。その後、21時からはドラマ『FINAL CUT』の第3話が放送される。

そして、今回の大阪キャンペーンを亀梨自らが告知するCMを、1月20日(土)の深夜から、カンテレ放送エリア(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、徳島)で放送。CMの初出しの詳細は、1月20日(土)25時45分から放送される『トットとスターになれ!~かまいたちから試練の道SP~』の枠中となる。亀梨が、カンテレの局キャラクター・ハチエモンを手に持ちながら、「1/23(イチニサン)は、カンテレがカメテレに!」とチャーミングな笑顔で告知している。このCMは、ドラマの公式サイトとカンテレ公式YouTubeでも、1月20日(土)26時から公開されるので、全国のファンも視聴することができる。

『FINAL CUT』は、12年前に起きた女児殺害事件で、母・恭子(裕木奈江)を犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組関係者に、主人公・中村慶介(亀梨)が「ある目的」のために制裁を加え、事件の真犯人を追う姿を描いた物語。

第3話では、若手ディレクターの小池(林遣都)が慶介のターゲットに。12年前の事件当時、小池がADとして関わっていたテレビ番組『ザ・プレミアワイド』は、なぜ警察よりも早く母への犯人扱いを始めたのか。小池がネットの中で“神”扱いされていることを知った慶介は、大地(髙木雄也)と共に、今回のターゲットとして小池の動向を追い始める……。