1月20日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)は、元タカラジェンヌが教える宝塚受験スクールから中継を行う。

今回は「マツコの頭の片隅から離れない人SP」と題し、以前も訪れた元タカラジェンヌの初嶺麿代先生が教える「宝塚受験スクール」から中継。初嶺先生に話を聞くと、前回放送の反響でスクールに通う受験生の数は3倍に増えたそう。また昨年は、定員約40人中5人の合格者がこのスクールから出たとの報告を受け、驚異の合格率にマツコも驚く。

しかし、以前も取材した受験生に、マツコ・デラックスが「(去年の受験結果は)どうたったの?」と尋ねると「2次まではいかせていただきました。2次試験の途中で鼻血を出して動揺してしまって、面接を悲しい感じでやってしまって……」と悔いの残る結果だったよう。それを聞いたマツコは「鼻血ふかないで出たぐらいのほうがよかったかもね」と意見。すると初嶺先生も「本当そう! 絶対入りたいんだっていう、ハプニングに負けちゃダメよ」と同調し、「そういうことよね、先生! “私はこんな極限状態で宝塚と向き合ってるんだ”っていうね、それくらいのことをしていいと思うよ」とマツコらしいアドバイスを送った。

また、スクールにはタカラジェンヌになりきりたい大人の女性が通う「なりきりクラス」もあり、こちらの生徒も倍以上に増えたそう。それを聞いたマツコが「先生ごめんなさい、あんな人たちを増やしてしまって」というほど、なりきりクラスの生徒は個性的。前回放送時、マツコが「存在感がすごい。リアクションがほぼパー子さん」と言った自称“妖精”先生のほかにも、今回の放送ではまさかの「若き日の土井たか子さん似」の女性が登場。前回放送で心を打たれ、翌日にスクールに予約の電話をかけたという彼女。マツコが「ものすごいモンスターを一人作り出してしまった」と言った、そのキャラクターとは?