ユースケ・サンタマリアと横山由依が、テレビ朝日系で放送されているオーディション番組『ラストアイドル season2』(毎週土曜24:05~ ※一部地域を除く)のMCを務めることがわかった。2人がタッグを組むのは、今回が初となる。

AKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきたヒットメーカー・秋元康が、新たな大型アイドルグループを誕生させるべく、2017年8月にスタートした同番組。『season1』は「プロアマ問わず兼任可能」という前代未聞の応募条件や、毎週行われる残酷な「メンバー入れ替えバトル」が話題を集めており、4か月に及ぶバトルの結果、昨年12月16日の放送でついに「ラストアイドル」の最終メンバーが決定。デビューシングル「バンドワゴン」をリリースした後、バトルに敗れた元暫定メンバーや敗北した挑戦者たちによる4つのセカンドユニット「Good Tears」「シュークリームロケッツ」「Someday Somewhere」「Love Cocchi」が誕生した。

今年からスタートした『season2』では、セカンドシングルをかけて、日本の音楽界を牽引してきた5人の大物が「ラストアイドル」ファミリー内の各ユニットのプロデュースを手掛けるという超大型プロジェクトが実現。1月13日の放送で、織田哲郎×「Good Tears」、小室哲哉×「ラストアイドル」、指原莉乃×「Someday Somewhere」、つんく♂×『Love Cocchi』、秋元×『シュークリームロケッツ』という組み合わせが決定。1月20日放送回からは「ユニット対抗総当たり戦」がスタートする。

ユースケは「あの大物プロデューサー4人が揃うなんて、まさに奇跡の対決! そこにさっしーという奇妙なアイドルが加わってバトルをするなんて、信じられない話ですよ!」と、横山は「凄腕の方々が同じ番組でアイドルのプロデュースをするなんてことがありえるなんて、この番組はスゴイなと思いました」と、それぞれ豪華プロデューサーの集結に大興奮。

また、パートナーとなる横山について、ユースケは「由依ちゃんは、謎のどっしり感があってとても頼りがいを感じます。はんなりと落ち着いていて、テンパった感じがまったくなく、隣りにいてくれるだけで安心できました」と絶賛。横山も「ユースケさんはカメラが回る前からお客さんに語りかけ、場をほぐしてくださるのが素晴らしいなと感動しました! アシスタントMCをレギュラーでやらせていただくのは初めてなので、私自身も成長していきたい!」とこれからの収録を楽しみにしている様子を見せた。

さらに、ユースケは「『season2』は過酷なバトルの連続で、切なく苦しい場面も多々あったと思うのですが、『season2』がこれまでと確実に違うのはユニット対抗戦なので、共に戦い、慰め合う仲間がいること。そして、負けたらそれをバネに次に挑むことができるということですね。また、毎回放送されるということはそれだけアイドルたちが皆さんの目に触れるわけだし、何が起きるかわからない世界だから、下位の成績のユニットの人気が出ることもある。今回の対決は、アイドルたちにとって良いことは多々あれど、悪いことはないと思ったので、僕もMCとして戦いを見守る決意がつきました」と語る。

そして、MCをするにあたり、『season2』の対決を見たという横山は「毎回、緊張感がすごくて、自分は絶対にやりたくないなと思いましたね。負けたらやはり悔しいですし、選ばれた方も次のプレッシャーがあるし、どちらも苦しいなと思って。でも私は喜怒哀楽の感情が豊かな人間らしい人が好きなので、そういう意味ではこの番組はものすごく魅力的! season2はユニット対抗なので“チーム感”があって、仲間同士で励ましあう姿には初回から感動してしまいました」とコメント。また「現役アイドルとして、プロデューサーの方々のコメントは自分自身にとっても勉強になります。『ラストアイドル』ファミリーのメンバーもどんどん成長していくと思いますが、私自身、アシスタントMCをレギュラーでやらせていただくのは初めてなので成長していきたいなと思いました」と意気込みを語っている。