劇場版アニメ「リメンバー・ミー」の日本版の声優を務める横山だいすけさん(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」でうたのお兄さんを務めた横山だいすけさんが、ディズニー/ピクサーの最新劇場版アニメ「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ監督、3月16日公開)の日本版声優を務めることが、分かった。横山さんは、主人公・ミゲルの父親役を担当する。

 横山さんは、「小さいころからディズニー作品が大好きで、いつか関わることができたらいいなと言い続けてきたので、決まってから楽しみでしょうがなかったです!」とコメント。また、今回の声優挑戦について、「自分ではない誰かを演じるにあたり、“間”が違うといいますか……。“どう話せばいいんだろう”、“どうすればパパのようになれるのだろう”、とすごく悩んだり、非常に勉強になりました。それが自分の引き出しになって、これからいろいろな歌や演技をする中でどんどん生きてくるのではないかと思ったので、本当にいい経験をさせていただいたなと思います」と語っている。

 「リメンバー・ミー」は、陽気でカラフルな“死者の国”を舞台にした大冒険を描く。過去の悲しい出来事がきっかけで「音楽禁止」という厳しいおきてがある家に生まれたギターの天才少年・ミゲルは、伝説のミュージシャン・デラクルスの霊廟(れいびょう)に飾られたギターを手に、先祖が家族に会いにくるという“死者の日”に開催される音楽コンテストに出る決意をする。そんな中、“死者の国”に迷い込んでしまったミゲルは、一族に隠された“秘密”に気付き、冒険を始める……というストーリー。

 日本版声優として藤木直人さん、松雪泰子さん、石橋陽彩(いしばし・ひいろ)さんらも出演する。