舞台「三人姉妹」の会見に出席した「乃木坂46」の(左から)伊藤純奈さん、衛藤美彩さん、久保史緒里さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の衛藤美彩さん、伊藤純奈さん、久保史緒里さんが17日、東京都内で行われた舞台「三人姉妹」の初日公演を前に会見した。ロシアの文豪アントン・チェーホフの戯曲が原作で、1期生の衛藤さん、2期生の伊藤さん、3期生の久保さんが3姉妹を演じており、会見では、三女役の久保さんが緊張で言葉に詰まり、長女役の衛藤さんと次女役の伊藤さんがサポートする一幕も。衛藤さんは「本当にリアル3姉妹という感じです」とアピールしていた。

 衛藤さんについて、末っ子のイリーナを演じる久保さんは「メークとかも教えてくださるし、やってくださるので、本当にお姉ちゃんみたいな感じ」とコメント。次女・マーシャ役の伊藤さんも「醸し出すオーラがすでに長女。立ち居振る舞いがすでにお姉ちゃんだし、メークとかも自然に行ってくれるしやってくれる」と明かした。また、久保さんが、稽古(けいこ)の苦労を聞かれると「常にすごく楽しいなと思っていましたけど、テンションが高い役なので、キープしているのが……」と緊張した様子で言葉を詰まらせ、衛藤さんや伊藤さんに「大変でした(だよ)」と小声でフォローされていた。

 また、自身の役どころについて衛藤さんは「いつも疲れている役で、声を張らないと届かなくて難しい」とコメント。唯一の既婚者であるマーシャを演じる伊藤さんは「妻という囲いから冒険をしたいと思っている不思議な役」と説明し、「一人一人のキャラが立っているし、舞台に立っているだけで絵になるので、何もしていない時間もきれいで、見ていて飽きない。まばたきももったいないぐらいなので、しっかりと見てもらいたいです」とアピール。久保さんは「3姉妹の末っ子。全体的に末っ子感が出ていると思っているので、そこに注目してください」と呼びかけていた。

 舞台は、チェーホフの四大戯曲の一つ「三人姉妹」が原作。生まれ育ったモスクワから離れ、将軍だった父の赴任先で暮らす3姉妹の元に、父の部下であったヴェルシーニン中佐が訪ねてくる。中佐の存在は、モスクワへの帰郷を望んでいる姉妹たちに、変化をもたらしていき……というストーリー。17日~2月4日まで銀座 博品館劇場(東京都中央区)で上演される。