相楽園

相楽園【兵庫県】

港町やファッショナブルなイメージのある神戸の都市公園で、ひとつだけ日本庭園があります。それがここ「相楽園」。時にはゆっくりと和の庭園の趣をたしなんでも良いかもしれませんよ。

レトロ建築と庭園の不思議なコラボレーション

相楽園は、かつて神戸で巨万の富を築いた小寺泰次郎の本宅にあった庭園でです。1941年以降は神戸市の所有となり、一般公開されるようになりました。現在では国の登録記念物(名勝地)に登録されています。庭園は池とその周囲を巡る道を中心につくられていて、飛び石や石橋、流れや滝などが見られます。春のツツジや秋の紅葉の美しさでも知られているんですよ。 さらに、大名が川を行き来する時に用いた「川御座船(かわござぶね)」の屋形部分が現存していたり、旧小寺家の厩舎や、移築された英国人貿易商の住宅があったりと、他にも見どころは満載。レトロな洋式建築と日本庭園が一堂に会する様を、ぜひご覧ください。