元祖阪本屋

元祖阪本屋【滋賀県】

鮒ずしは滋賀県におよそ千数百年前から伝わる発酵食品。『阪本屋』は、かつて東海道と北国海道の交差点としてにぎわった札の辻で明治2年に創業、その伝統の味を守り続けています。

栄養価や健康に与える影響が素晴らしいと見直されてきている鮒ずし!

『阪本屋』は明治初期創業の老舗です。琵琶湖特産の子持ち鮒で作った別名「琵琶湖のチーズ」とよばれる鮒ずしは、独特の酸味と旨味で、お茶漬け、酒の肴として遥か昔から愛され続けています。その昔鮒ずしは貴重なタンパク源である鮒を貯蔵する保存食でした。今では滋賀県人のソウルフードとしてだけではなく、その栄養価の高さからも見直されています。琵琶湖の固有種天然ニゴロブナだけにこだわりつつ、作り続けられている阪本屋の鮒ずしを是非ご賞味あれ。