月経以外の出血、いわゆる「不正出血」があった場合はどうすればよいのでしょうか? 不正出血の原因や治療法、受診のタイミングを医師が解説します

◆不正出血とは……生理と不正出血の違いとは?
婦人科受診の理由で、「月経不順」「おりもの異常」と並んで多い「不正出血」。本来の月経周期以外の時期に出血があった場合、全て「不正出血」になります。性交渉の後に見られる不正出血のことを「接触出血」とも言います。

いずれも、病気のサインである可能性があるので、月経期以外に出血があったら要注意。おりものに薄く混ざる程度の茶色の不正出血から、月経のような鮮血の不正出血まで量は様々ですが、量が多いかどうかではありません。少量であれ、出血しないはずの時期に出血しているかどうかが問題となります。

◆不正出血の原因と治療法
不正出血の原因として次のようなものが挙げられます。

■排卵期出血(中間期出血)
病気ではなく、排卵期に起きる少量の出血。毎月出血する場合はピルで内膜を薄くすることで改善をはかります。

■子宮腟部のびらん
病気ではありませんが、子宮の出口にもろい部分があり、物理的な刺激などで出血しやすい状態になっていることがあります。あまりに何度も出血する場合は、レーザーで子宮の出口を焼く治療を検討することも。

■萎縮性腟炎
閉経後に女性ホルモンが足りなくなり、潤い不足の状態になるため、腟や子宮の出口がただれやすくなった状態。腟内にホルモン剤を入れて女性ホルモンを補う治療を行います。

■妊娠(切迫流産)
妊娠初期は少量の出血が起きることがしばしばあります。少量の出血を月経と勘違いして妊娠に気付かない方もいらっしゃるくらいです。切迫流産の治療の基本は安静です。

■子宮頚管ポリープ
子宮の出口にできるポリープ。良性なので放置しても大きな問題にはなりませんが、出血しやすいので、たびたび出血する場合は切除してもらっておいたほうが安心。ポリープは、外来で麻酔無しに簡単に取れます。

■子宮内膜ポリープ
子宮の奥にできるポリープ。ほとんどが良性ですが、子宮体がんがポリープ状に発育することもあるので、悪性でないことだけは検査で確認しておく必要があります。薬物治療でポリープを小さくしていくか、手術で取り除きます。薬物治療では、ピルや生理を止める薬を使います。手術は日帰りまたは短期入院で、子宮鏡下手術を行います。

■粘膜下子宮筋腫
子宮内に飛び出る位置の子宮筋腫。内膜ポリープと同様、子宮内に飛び出ているため、月経量が増えたり月経の時期以外に出血する原因となります。ピルで出血をコントロールするか、子宮鏡手術で筋腫のコブそのものを削っていきます。

■月経不順・無排卵性月経
排卵の周期が安定していないと、月経の出血以外にフライングのように出血したり、ずっと少量の出血が続いたりします。ピルや排卵誘発剤で月経周期を整える治療を行います。

■クラミジア頚管炎
クラミジアの感染によって子宮の出口に炎症を起こした状態。抗生剤の内服で治療します。妊娠中にクラミジア頚管炎になると、流産や早産や破水の原因になるので注意が必要。

■子宮内膜増殖症
子宮内膜が厚くなりすぎてフライング出血してしまう状態。子宮体がんの前がん病変のこともあるので注意が必要です。ピルや黄体ホルモン療法で治療します。

■子宮体がん
子宮の奥のがん。手術や化学療法(抗がん剤による治療)・放射線治療が必要になります。

■子宮頸がん
子宮の出口のがんです。手術や化学療法(抗がん剤による治療)・放射線治療が必要になります。

◆不正出血の受診の目安・婦人科に行くタイミングは?
半年以内に子宮がん検診やクラミジアの検査などを受けていて、1回だけ少量の出血があったという場合は、再度出血がないか様子を見てから受診を決めてもいいでしょう。逆に、全く検診を受けていない人は、たとえおりものがピンクがかる程度のごく少量の出血でも、ただちに婦人科を受診しましょう。

不正出血の原因は非常に多岐に渡りますが、最も気をつけなければいけないのが子宮がんです。子宮がんは、子宮頸がんも子宮体がんも初期の段階ではほとんど症状がありません。不正出血という形で自覚できる頃にはある程度進行している可能性もあるので、婦人科検診を受けていない方で不正出血があったらできるだけ早くがん検診を受けることをお勧めします。

特に、閉経後の出血には注意が必要。不正出血を1年前から自覚していたにもかかわらず検査を受けずにいて、進行した子宮体がんになってしまい、手術と放射線治療が必要になってしまった患者さんもいらっしゃいました。逆に、ほんのわずかな出血が1回あっただけですぐに検査を受け、子宮体がんが初期の段階で見つかったために手術だけで完治し、術後もとてもお元気に過ごされている患者さんもいます。

元々月経不順で不正出血がある人は、出血があるたびに受診していると大変なので、一度必要な検査を受けたら2~3ヶ月は基礎体温をつけながら様子を見ます。毎月不正出血があり、月に10日以上出血が続く場合は、治療を検討したほうがいいでしょう。


文=清水 なほみ