TBSの山本里菜アナウンサー

 TBS入社1年目の山本里菜アナウンサー(23)が情報バラエティー番組「サンデージャポン」(同局系、日曜午前9時54分)の新アシスタントに就任し、7日の生放送で初登場した。昨年12月で番組を卒業した吉田明世アナの後任として7代目のアシスタントとなった山本アナは「はじめまして。よろしくお願いします。入社1年目の山本里菜です。本当に緊張していますが、元気に頑張りますので、よろしくお願いします」と初々しくあいさつした。

 山本アナは千葉県出身、青山学院大学文学部卒。小倉弘子、海保知里、竹内香苗、青木裕子、田中みな実、吉田アナに続く7代目のアシスタントで、入社1年目でのサンジャポアシスタント就任は青木アナ以来となる。

 あいさつ後、司会のお笑いコンビ「爆笑問題」から「緊張してる?」と聞かれると、山本アナは「吐きそうです」と告白。テリー伊藤さんは「少なくとも田中みな実よりいいですよね」、デーブ・スペクターさんは「実家が焼き肉屋なので、たれ込み情報をお願いします」とジョークを飛ばして歓迎した。ゲストの夏木マリさんも「調子に乗らないで命がけでやってください」と激励していた。