「第68回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した三山ひろしさん

  演歌歌手の三山ひろしさんが29日、東京・渋谷のNHKホールで行われている「第68回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した。今年は3度目の出場で、「男の流儀~けん玉世界記録への道~」と題して、紅白史上初めて歌唱中にけん玉で世界記録に挑戦する三山さんは、「歌に集中できる?」と聞かれると「半分半分です」と笑いつつ、「歌もしっかり届けたい」と意気込んだ。

 今回のステージについて、三山さんは「今年は紅白史上初、ギネスに挑戦します。10級の『大皿』という技に、124人連続で成功させるというものです。ワールドレコードは123ということです」と説明。この日のリハーサルでは2回やり直したものの成功せず、「リハーサルでは、DJ KOOさんがけん玉に失敗していましたが、ドキドキしましたね(笑い)。100人目ぐらいで失敗になったら時間的な問題でやり直しができないので。失敗したとしても、最後までやろうと思います」と語っていた。

 また、今年は「けん玉4段に昇段しました。来年は5段を受けたいと思います。歌も一段一段しっかりとやりたいと思います」と2018年に向けての抱負を語っていた。

 今年の紅白歌合戦のテーマは「夢を歌おう」で、総合司会をお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんとNHKの桑子真帆アナウンサーが担当し、白組司会は人気グループ「嵐」の二宮和也さん、紅組司会は昨年に続き、2年連続となる女優の有村架純さんが務める。

 昨年に引き続き、歴代最長タイの午後7時15分~同11時45分(途中ニュース中断あり)に放送される。