映画「花筐/HANAGATAMI」初日舞台あいさつに登場した大林宣彦監督

 映画「転校生」や「時をかける少女」などで知られる大林宣彦監督が16日、東京都内で行われた映画「花筐/HANAGATAMI」の初日舞台あいさつに登場。昨年8月に肺がんが判明し、「余命3カ月」と宣告を受けていたが、「おかげさまで余命3カ月のまま、1年4カ月を過ごしました。あと30年は生き延びて、映画を作っていこうと思います」と宣言。「あの戦争(第2次世界大戦)で殺されてりゃ、まだ分かりますが、生き延びちゃって、がんごときじゃ死なねえぞ!と思っております」と力強く語ると、会場は拍手に包まれた。

 大林監督は「がんになって一つ学んだ。がんも生き物なんです。でも私が宿主なんで、がんが生きるためにめちゃくちゃなことをして、宿主を病気にさせてしまうと、がんも死ななきゃいけない。バカなやつだな。ちゃんと生きたいなら、俺のことも大事にしろよ」と笑顔で語って観客を笑わせた。さらに「がんには『お前な、せっかく共存したんだから、お前をやっつけようとは思っていないよ。一緒に長生きしよう。もっと利口になりなさい。私と一緒に30年生きよう』と言ってある。(がんは)『はい(肺)』と言ってくれた」と明かしていた。

 映画は、大林監督のデビュー作「HOUSE/ハウス」(1977年)以前に書き上げられていた幻の脚本の映画化で、檀一雄さんの純文学「花筐」を原作に、戦争の時代に生きる若者たちを主軸にした青春群像劇。舞台あいさつには、窪塚俊介さん、満島真之介さん、矢作穂香さん、常盤貴子さん、山崎紘菜さん、門脇麦さん、村田雄浩さん、原雄次郎さんも出席した。