2018年3月3日公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』に、山下大輝、折笠富美子、悠木碧、大友龍三郎、早見沙織といった人気声優が出演することがわかった。

シリーズ38作品目となる本作は、光り輝く大海やどこまでも広がる青い空、白い雲が印象的な”宝島”を舞台に物語が展開。大泉洋がのび太たちを襲う海賊船の船長“キャプテン・シルバー”役で出演することが発表されるなど話題となっている。監督は、テレビアニメ『ドラえもん』の演出を数多く手がけ、映画シリーズの監督を初めて務める今井一暁。脚本は、映画『君の名は。』『バケモノの子』などを手掛けた映画プロデューサーで、小説家としても活躍する川村元気が務める。

魅力的なハイトーンボイスの持ち主で、『弱虫ペダル』(主人公・小野田坂道役)などで人気の山下が声を演じるのは、のび太たちが海で出会った宝島の重要な秘密を知る少年・フロックを。様々な女性の声を演じ分け、『BLEACH』(朽木ルキア役)などのメインキャラクターを数多くこなす折笠は、しずかちゃんにそっくりなフロックの妹・セーラを。重低音で渋い声が特徴の大友は、キャプテン・シルバー率いる海賊船の一味で、二丁拳銃で戦う・ガガを。透明感のある癒し系ボイスで人気を博す早見は、女海賊・ビビを、そして悠木が、謎のオウム型ロボット・クイズを、それぞれ演じる。

さらに今回は、劇中カットも解禁。海賊衣装に身をつつんだドラえもんたちが、青く広がる大海原で繰り広げる冒険の様子が垣間見えるほか、何やらしずかちゃんに大ピンチが迫る場面、そしてのび太が海賊たちと闘う姿を確認することができる。