池田エライザが主演を務めるドラマ『暇な女子大生』が、12月27日(水)24時30分からテレビ朝日系にて放送。主人公・三田まゆを演じる池田は、モデルとして活躍する一方、女優として数々の映画、ドラマに出演。過激なシーンにも果敢に挑戦し、着実に演技の幅を広げてきた彼女が、「暇女」を刺激たっぷりに演じる。

2016年11月、ネット界に彗星のごとく現れたTwitterアカウント「暇な女子大生」、略して「暇女(ヒマジョ)」は、マッチングアプリを使って高学歴エリートと出会い、彼らとの行為を赤裸々にツイート。高学歴エリートとしか交わらないという一貫したポリシーとバイタリティー、セックスを“優勝”と表現するなどウィットに富んだ文章が人気を呼び、男女問わず多くのファンを生み出している。この、謎に満ちた「暇女」を原案に、新たな切り口を加え、オリジナルストーリーでドラマ化が実現。今回のドラマ化にあたり、”暇な女子大生”本人からコメントが到着。以下に紹介する。

<コメント>
『暇な女子大生』ドラマ化決定、嬉しく思っています。優勝する機会が増えた頃、備忘録として始めたツイッターです。そんなアカウントがドラマ化されるとはびっくりです。池田エライザさんがどのように暇女を演じてくれるのか、楽しみにしています。
※一部過激な表現を割愛させて頂きました

<『暇な女子大生』あらすじ>
A大4年の渋谷直樹(柾木玲弥)はクリスマス直前に彼女に裏切られ、自棄気味。高校時代からの友人・本郷颯太(秋元龍太朗)が在籍する東大のキャンパスに入り浸っていた。そんなとき、颯太がイタズラで直樹のことをマッチングアプリに登録。“LIKE”の通知が届いた真面目そうな女の子に直樹からも“LIKE”を返してみると……どこからともなく本人が現れ、「これからデートしません?」と誘ってきた。その女子大生は、K大学に通う三田まゆ(池田エライザ)。キュートなまゆに心奪われた直樹は「もっと一緒にいたい」と言われて、ますます舞い上がる。しかし、どこか会話がかみ合わない。実は、颯太は、マッチングアプリの直樹の学歴欄に“東大理科Ⅲ類”とウソの情報を打ち込んでいたのだ。やむなく直樹が、本当は東大生ではなくA大生であることを打ち明けると、まゆは突如、「用事を思い出した!」と言い出し、そそくさと姿を消してしまった……。

後日、直樹からその話を聞いた颯太は、『暇な女子大生』のツイートを見せる。そこには直樹とのデートの様子、そして直樹が東大生ではないと知って速攻で逃げた顛末が包み隠さず書かれていた。つまり、まゆこそが、今、話題の『暇な女子大生』だったのだ……! 憤懣やるかたない直樹は、まゆにツイートをやめさせたい一心で、ある計画を思いつく……。