スペイン発のチュロス専門店が日本初出店!約20種類から選べるディップの「オリジナルチュロス」が神戸にオープン

兵庫県神戸市のJR元町駅の高架下商店街「ピアザ神戸」で、ひときわ目立つ可愛らしい外観のチュロス専門店「ORIGINAL CHURROS(オリジナルチュロス)」。

本場スペインで50年以上の歴史を持ち、約3000店以上のレストランやカフェ、スーパーに卸しを行っているお店の日本第一号店です。

オリジナルチュロスのレシピの生みの親は、現社長のラファ氏の祖母が考案したもので「チュロスのために厳選された小麦・水・塩分・オリーブオイル」のとてもシンプルな素材のみで作られています。毎日チュロスを食べるスペイン人のために、おいしくて安全なチュロスを作ったのが始まりだそう。

外は「カリッ」中は「モチッ」とした食感で、長さ約13cmのステッィックタイプ。エクストラバージンオリーブオイルで揚げているので、何本食べても胸焼けがしないのが特徴です。

オリジナルチュロスでは、スペインで揚げたチュロスを急速冷凍し、日本のお店まで運んでいるため、スペインで食べる味と全く同じ味・風味を楽しめます。

スペインでは、朝食やディナーで食べるほどポピュラーな食べ物。日本にももっと広まってほしいという願いから、幅広い人に楽しんでもらうために、様々な種類のディップソースを考案したんだとか。

ソースの種類は大きく分けて「チーズソース」と「チョコレートソース」の2種類。
甘いイメージの強いチュロスにチーズと聞くと驚きますが、ほんのり塩味のチュロスはチーズにもしっかりマッチし、お酒との相性も抜群です。

チョコレートソースの種類はなんと16種類。
ベーシックなチョコレートはもちろん、リキュールを混ぜてナッツやドライフルーツをトッピングしたソースや、チョコレートソースの上にクリームと色鮮やかなソースをのせた三層仕立てのソースなど、何度も通いたくなる豊富なラインナップがそろいます。

こだわりはチュロスだけではなく、お店の店内やパッケージにも。
外装の看板には「チュロスの輪切り」を施し、内装のライトはチュロスを型どったデザイン。チュロス専門店ならではのキュートな世界観に思わずカメラを向けてしまいます。

さらに「おしゃれに食べ歩き」をコンセプトにした特別なパッケージは、ワンハンドでチュロスとディップソースを持てるので、食べ歩きにもぴったりです。

***
スイーツの町・神戸に誕生した「オリジナルチュロス」。
町歩きをしながら、本格チュロスを楽しんでみてはいかがですか?