錦市場

錦市場【京都府】

平安時代に始まったとされる歴史ある錦市場は、京都の台所として地元の買い物客や観光客で常に賑わう人気の観光スポット。赤と緑、黄色の鮮やかなアーケードに覆われた石畳が印象的で、東西390mにわたって多彩なお店が軒を連ねています。老舗の割烹や料亭が仕入れを行うことでも知られ、一般向けには京都名物の鱧やグジ、浜焼き鯖をはじめ、琵琶湖産の淡水魚など鮮魚を扱う店舗が多いのが特徴です。

名産グルメからお土産までが揃う京の台所でお買い物

錦市場は京都の目抜き通りである四条通りの一本北に位置する、全長390mもの商店街! この通りに約126店舗ものお店が軒を連ね、市場内はいつも活気でいっぱいです。 平成18年(2006)には経済産業省が認定する「がんばる商店街77選」にも選ばれ、特に年末やお正月には各地から人が集まるため前に進めないほどの賑わいを見せることでも有名だそうです。 ここでは京都の旬の食材や全国区での人気を誇る京野菜、京漬物に湯葉、カマボコに干物をはじめ、お茶からお菓子、寿司に豆腐にいたるまであらゆる食材が手に入ります。商品の試食ができる店舗も多く、なかにはイートインスペースがあり買ったものをすぐに味わえるお店も。 錦市場ではショッピングはもちろん、京都の食文化に触れることができるのも魅力で、食べる、見る、買うの3つが同時に楽しめるのが人気の理由です。 お土産には佃煮や京漬物、器などの雑貨が人気で、手頃な価格から商品が揃うので、ついアレコレ目移りするかも。