舞鶴公園

舞鶴公園【福岡県】

福岡藩主だった黒田長政とその息子、官兵衛が築城した福岡城跡にある公園。現在は多門櫓(重要文化財)と大手門、潮見櫓などが当時の面影を残しています。高台にある展望台からは、福岡タワーや福岡ヤフオク!ドームまで一望! 福岡市内でも屈指の人気を誇るお花見スポットでもあります。開花期間中にはライトアップの演出も!

四季折々にさまざまな花が咲き誇り、訪れる人の心を和ませる高台の公園

筑前52万石の領主・黒田長政が築いた福岡城跡にあり、グラウンドや各種スポーツ施設が併設されている舞鶴城跡。春になると、園内にある350本の梅の木が一斉に満開になり、以降、桜、牡丹、藤、ツツジ、シャクヤク、蓮、山茶花、花菖蒲、アジサイなど、季節それぞれにさまざまな花が咲き揃います。 周辺は福岡黒田藩の藩祖、黒田官兵衛とその息子、長政が築城した福岡城の跡。福岡城は、慶長6年(1601)から7年がかりで築城された平山城で、天守閣はないものの47の櫓を有し、本丸、二の丸、東二の丸、南二の丸、三の丸で構成された広大な規模を持つ城郭でした。現在は多門櫓と大手門、潮見櫓の跡、長政の息子・官兵衛が隠居生活を送った御鷹屋敷の石碑が残り、当時の様子をうかがい知ることができます。 舞鶴公園は、本丸から三の丸一帯。天守閣跡の展望台からは、福岡タワーや福岡ヤフオク!ドーム、マリノアシティの大観覧車まで見渡せます。大濠公園や福岡市美術館にも隣接しているので、あわせて散策を楽しんでもいいでしょう。 写真提供:福岡市