[フランクフルト 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は、景気回復によって必要性がなくなるため資産買い入れプログラムの終了を計画し始めるべきとの見解を示した。

同理事は講演で「プログラムを急に終了すれば市場の過剰反応を招く。プログラムが長期化すればするほど、リスクも大きくなることを忘れてはいけない」と指摘。量的緩和終了に向けた信頼できる計画がリスク抑制の鍵だと述べた。

終了に向けた具体的な日程は示さなかったが、実体経済の動向に沿った形で行うべきだと語った。

低い物価水準の伸びに対しては、一方的ではなく釣り合いのとれたアプローチをすべきとの見方を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)