[東京 6日 ロイター] - 仮想通貨ビットコイン相場は6日、節目の1万2000ドルを突破し過去最高値を更新。仮想通貨の実質的な価値に対する懐疑的な見方やバブルに対する警戒感があるにもかかわらず、上値指向を強めている。

米商品先物取引委員会(CFTC)が1日、米先物取引所運営大手のCMEグループと、シカゴ・オプション取引所(CBOE)を運営するCBOEグローバルマーケッツに、ビットコイン先物上場を認める方針を公表したことがビットコインの上昇に拍車をかけている。

CMCマーケッツ(シドニー)のチーフマーケットストラテジスト、ミック・マッカーシー氏は「バブル相場の真っただ中にいる。バブル相場の特徴の1つはその崩壊時期を知る術がないことだ」と述べた。

ビットコインはルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ<BTC=BTSP>で一時1万2276.00ドルまで上昇。足元では4.48%高の1万2200.40ドル付近で推移している。

ビットコイン・アソシエーション(香港)の会長、レオンハード・ウィーズ氏は「足元では『持たざるリスク』などにより、ビットコインに多額の資金が流入している」と述べた。