23歳年下の女優・飯村貴子(19歳)との半同棲交際が報じられたばかりの俳優・いしだ壱成(42歳)が、11月27日放送の『ビビット』(TBS系、毎週月~金曜8:00)に出演。私生活を公開する。

今年8月、一般女性と離婚し“バツ2”となったばかりのいしだ。先日行われた会見では、報道陣の前で新恋人に生電話し、お互いを「たぁたん」「いっくん」と赤ちゃん言葉で呼び合うラブラブな姿を披露したことでも話題となった。

その会見を改めて見直したいしだは「きもいですよね」と一言。しかし、今回の取材中もことあるごとに“たぁたん”に電話をかけ赤ちゃん言葉を連発。そして、これまで結婚相手に「毎朝コップ一杯の水を用意すること」「シャワー中にバスタオル、洋服を準備すること」など、細かいルールを課していたといういしだは、「たぁたんにはそういうことをさせようと思わない」と言い、その理由を「初めて“真実の愛”を見つけた」からだと語る。

3度の結婚経験がある父・石田純一と同じように、3度目の結婚も視野に入れているといういしだ。果たして23歳年の差カップルは本当にゴールインするのか?

今回は、新恋人“たぁたん”の単独インタビューにも成功。さらに、いしだの「ハゲ疑惑」にも迫る。