球界最年長左腕の中日・岩瀬仁紀

◆ 各球団の最年長

 今季まで各球団の現役最年長選手だった相川亮二(巨人)、安藤優也(阪神)、井口資仁(ロッテ)、上本達之(西武)が現役を引退し、武田久(日本ハム)、渡辺直人(西武)、松井稼頭央(楽天)、久保康友(DeNA)が退団するなど、各球団の最年長選手が大きく変わる。

 西武は今季チーム最年長だった松坂世代の渡辺、上本、ウルフの3選手だったが、来季は球界野手最年長の松井稼頭央が15シーズンぶりに復帰するため、最年長選手が松井となった。

 楽天は80年1月生まれの細川亨、武田久が退団した日本ハムは“松坂世代”の矢野謙次、井口監督が引退したロッテは75年生まれの福浦和也、相川が引退した巨人は79年3月生まれの阿部慎之助が現時点でチーム最年長となっている。

 ちなみに、現時点で来季の球界最年長選手は岩瀬仁紀(中日)のまま。今季は米田哲也氏が持つ通算949試合の登板数を上回り、日本新記録を達成した。来季は通算1000試合登板達成に期待がかかる。

 この先、トレード、新外国人の獲得などがあれば、球界最年長の選手が変わる可能性もありそうだ。

◆ 現時点での球団別最年長選手

<パ・リーグ>
【ソフトバンク】
五十嵐亮太
生年月日:79年5月28日

【西武】
☆松井稼頭央
生年月日:75年10月23日

【楽天】
☆細川亨
生年月日:80年1月4日

【オリックス】
小谷野栄一
生年月日:80年10月10日

【日本ハム】
☆矢野謙次
生年月日:80年9月21日

【ロッテ】
☆福浦和也
生年月日:75年12月14日

<セ・リーグ>
【広島】
新井貴浩
生年月日:77年1月30日

【阪神】
福留孝介
生年月日:77年4月26日

【DeNA】
G.後藤武敏
生年月日:80年6月5日

【巨人】
☆阿部慎之助
生年月日:79年3月20日

【中日】
岩瀬仁紀
生年月日:74年11月10日

【ヤクルト】
石川雅規
生年月日:80年1月22日

☆は来季初めてチーム最年長となる選手