2得点で勝利に貢献したクトローネ [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ・グループステージ第5節が23日に行われ、ミランはホームでオーストリア・ウィーンと対戦。5-1と大勝し、決勝トーナメント進出を決めた。2得点をマークしたU-21イタリア代表FWパトリック・クトローネが試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに応えた。

「正直なところまだ改善すべきところがたくさんある。そのために、ベストを尽くさなければならない。僕はグループのためにハードワークするのが好きだ。チームを助け、その上でゴールができれば、さらにいい」

 また、クラブのレジェンドであるブラジル代表MFカカがこの試合観戦に訪れていた。このことについてクトローネは「彼がミランでプレーしていた時、僕はボールボーイをして、直接目にしたことがあるんだ」と当時の話を打ち明けた。