相手のOG弾を守り抜いた [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 明治安田生命J1リーグ第32節が18日に行われ、柏レイソルとジュビロ磐田が対戦した。

 柏は中谷進之介に代わり、最終ラインに鎌田次郎。負傷していたキャプテンの大谷秀和が3試合ぶりに復帰した。磐田は高橋祥平が出場停止明けでスタメンに名を連ねている。

 29分、伊東純也が右サイドで仕掛けてクロスを送る。ファーサイドに流れたボールをクリアしようとした櫻内渚が自陣のゴールに押し込んでしまう。ホームの柏が1点のリードを奪い、前半を折り返す。

 磐田は後半開始から櫻内に代えて上原力也を投入する。アダイウトン、川又堅碁が決定機を作ったものの、最後まで得点を奪うことができず、試合は1-0で終了。

 AFCチャンピオンズリーグ出場圏内を争う両者の一戦は、リーグ戦5試合ぶりの勝利となった柏に軍配が上がった。

 次節、柏は鹿島アントラーズと、磐田はサガン鳥栖とそれぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
柏レイソル 1-0 ジュビロ磐田

【得点者】
1-0 分 OG(櫻内渚/柏)