PSGで出場機会を失うベン・アルファにレスターが関心を示しているようだ [写真]=Getty Images

 レスターの新指揮官に就任したクロード・ピュエル監督が、パリ・サンジェルマンに所属する元フランス代表MFハテム・ベン・アルファの獲得を熱望しているようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が16日付で報じた。

 先月、クレイグ・シェイクスピア監督の後任としてレスターに迎えられたピュエル監督。現在、プレミアリーグで12位に位置するチームの立て直しが期待されている。

 ピュエル監督は新たなアクセントを加えることを希望しており、そこで白羽の矢が立ったのが、パリ・サンジェルマンで不遇の時間を過ごすベン・アルファだ。

 若手時代から“天才”として注目を集めたベン・アルファだが、その人間性から偉大な才能を持て余してきた。しかし、燻っていた同選手をニースで復活させたのが他ならぬピュエル監督で、その後率いたサウサンプトンでも動向を追っていたと報じられていた。

 ニースでの活躍が、当時のパリ・サンジェルマン指揮官のローラン・ブラン監督に認められ、ステップアップを果たすも同指揮官の解任により、出場機会を失うベン・アルファ。かつての恩師との再会は実現するのだろうか。