「そのたくさんが愛のなか。」の外伝として登場した「湘南爆走族」の読み切りの扉ページ。

吉田聡「湘南爆走族」の読み切りが、本日11月17日発売のビッグコミック12月増刊号(小学館)に掲載されている。

「湘爆」の愛称で親しまれている「湘南爆走族」は、1982年から1987年まで少年KING(少年画報社)にて連載された不良マンガ。このたび新たに登場した読み切りは、吉田がビッグコミック(小学館)にて連載中の「そのたくさんが愛のなか。」の外伝として描かれた。

1970年代に青春を過ごしたオヤジたちの姿を描く「そのたくさんが愛のなか。」には、「湘爆」のキャラクター・権田二毛作が登場。今回の読み切りでは、権田に加え56歳になった“あのキャラ”も描かれている。