2017年10月25日、ソニーのミラーレス一眼カメラ「α7」シリーズの第3世代となる「α7R III」(ILCE-7RM3)が発表された。発売は11月25日、ソニーストア各店での展示は10月31日からとなっている。

それに先駆け、10月27日にプレス向け、およびソニー・プロイメージングサポート会員向けの体験会が開催された。α7R IIIでの撮影に加えて、撮影データの持ち帰りがOKであったため、今回は撮影データを掲載しつつ、ファーストインプレッションをお送りしよう。(本文中のサムネイル画像をクリックすると拡大表示。作例については、拡大画像の右下「原寸大画像を見る」をクリックすると、EXIF情報付きの実写画像を表示。データ容量が約10MB~30MBと大きい点に注意)

α7R III(ILCE-7RM3)。「α9」成分多めの高画素機

ボディはα9で中身はα7RII……?の発展系に見えて、あちこちα9っぽい

α7R IIIは、正面から見るとα7RIIと似ていて、背面から見るとα9とそっくりである。分かりやすい違いは、天面部。α9にあるドライブモード/フォーカスモードダイヤルがないところ。正面から見ると、α7RIIとは間違い探しのレベル。シャッターボタン形状とモードダイヤルの登録領域が1-2ではなく、1-3となっているところが分かりやすいが、遠目だと見分けがつかない。

【左】天面。この部分のレイアウトはα7RIIベース。【右】背面。α9と同じくマルチセレクターがあるほか、レイアウトも同様。MOVIEボタンの位置はようやく落ち着いたようだ

【左】左側面。ヘッドフォン端子、HDMIマイクロ端子、USB Type-Cポート(説明員いわく、USB 3.1 Gen 1)、microUSBポートがある。USB Type-CポートでPCと接続しつつ、microUSB端子側にリモートレリーズを接続するといったことが可能になった。【右】左側面には、さらにシンクロターミナルとマイク入力もある

【左】右側面。デュアルスロットになり、スロット1はUHS-II対応。【右】バッテリーはZバッテリーに変更

左がα7R III、右がα9

α7RIIとα7R III。背面から見ないとパッと見で識別できないほど

スペックについては、有効約4,240万画素、(サイレントシャッター時でも)最大約10コマ/sが目立つ部分だが、イメージセンサーはα7RIIと同様のものを採用しつつ、新型の画像処理システム「BIONZ X」とともにフロントエンドLSIを追加し、信号処理システムを刷新。足回りを強化することで、イメージセンサーのポテンシャルを引き出している。

後述しているが、ISO800~3200間の描写性能向上がとくに顕著だ。色作りについては、α7 → α7IIのときのように変更が加えられているようで、肌色の再現性の向上をとくにアピールしていた。また、バッファーを大容量化することで、RAW使用時で最大76枚の連写に耐え、RAW+JPEG時でも26枚までの連写を確認している。RAW+JPEGの保存に、エクストラファインを選択可能になった。

Mモード、1/200、F5.6、ISO400、ホワイトバランス:5800K、DRO:AUTO、レンズは「FE 85mm F1.4 GM」(SEL85GM)。体験会でのソニーによる設定

Mモード、1/200、F4.5、ISO400、ホワイトバランス:5800K、DRO:AUTO。上記からオーバーにしてみたもの。肌色の出し方の変更はとくに分かりやすい