「大林宣彦『ウソからマコト』の映画」

三留まゆみ、とり・みき、森泉岳土がマンガを寄稿したムック「大林宣彦『ウソからマコト』の映画」が、河出書房新社の文藝別冊シリーズより発売された。

同誌では「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」といった映画作品を手がけたことで知られ、監督を務めた最新作「花筐/HANAGATAMI」の公開を12月16日に控える大林宣彦を特集。三留、とり・みき、森泉によるマンガのほか、常盤貴子やウッチャンナンチャンの南原清隆ら、大林とタッグを組んだ経験のある著名人へのインタビューが展開されている。また大林作品の大ファンだという女優ののん、映画「野火」の監督・塚本晋也からコメントも寄せられた。