練習に復帰したモラタ [写真]=Chelsea FC via Getty Images

 18日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節でローマと戦うチェルシーにとって、朗報が舞い込んだ。

 イギリスメディア『BBC』によると、ハムストリングを負傷して戦列から遠ざかっていたスペイン代表FWアルバロ・モラタが、火曜日に行われたチームのトレーニングに復帰している。これにより、ローマ戦での復帰が濃厚と報じられた。

 フランス代表MFエンゴロ・カンテやナイジェリア代表MFヴィクター・モーゼス、イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターらが負傷でチームから離脱しているチェルシーは、プレミアリーグ第8節のクリスタル・パレス戦で今シーズン3敗目を喫している。ネガティブな話題が先行するチームにとって、リーグ戦6ゴールを挙げているストライカーが戻ってきた。

 アントニオ・コンテ監督は「土曜日の試合でモラタを起用するにはリスクがあった」ことを認めつつ「もしローマ戦でモラタが出場できるならば、彼にとってもチームにとってもリスキーではないんだ」と応えている。