レーシングシミュレーターD.D.R池袋店

レーシングシミュレーターD.D.R池袋店【東京都】

秋葉原、中野と並び三大オタクの聖地とも呼ばれる、カルチャーの街、池袋。副都心線が乗り入れ、新宿や渋谷、その先の横浜まで、アクセスもよくなりファッションスポットとしても注目を集めています。そんな池袋に、プロのレーサーも訪れるという超本格的なレーシングシミュレーターが体験できるスポットがあります。東京観光の際にぜひ、レーサー気分を味わってみませんか?

約400種類のマシーンと、約100種類のコースでリアルなレース体験を!

レーシングシミュレーターとは、F1など実際のモータースポーツのレースなどで使われるマシーンやコースを疑似体験できるシミュレーターのこと。そう聞くと、ゲームセンターにあるようなドライブゲームを連想しがちですが、D.D.R池袋店で使用しているシミュレーターは、プロも納得のFREX国産デバイスを使用。シミュレーター上の車両の挙動変化や路面のギャップに応じてシートが作動する上、擬似的にGも再現されるので、本当にレーシングカーに乗って、コースを走っているようなリアル体験ができます。しかも、マシーンの種類は市販車からフォーミュラー、GTカー、プロトタイプカー、カートまで約400種類にものぼるバリエーション。さらにコースは国内サーキットから海外サーキットまでF1やGTの舞台となるものなど約100種類の中から選ぶことができます。また、レース界で注目されているFIA-F4のトレーニング専用マシーン童夢F110が池袋店限定で導入され、プロのレーサーからも注目される、施設となっています。

おしゃれな雰囲気の店内で気軽にレーサ気分を味わえる!?

「プロのレーサーも注目!」…などと言うと、本格的すぎて敷居が高いと感じる人もいるかもしれません。でも、もともと店名となっている「D.D.R」とは、「誰 でも レーサー」の意味があるのだそう。たとえ車の運転免許を持っていない人でも気軽にモータースポーツに触れてその魅力を知って欲しいと、店長代理の前田大道さんは言います。実は前田さんは筑波や鈴鹿などで行われるリアルなレースで優勝の経験もあるセミプロのレーサー。実際にD.D.R池袋店に行くと、前田さんやスタッフの方が、初心者にも丁寧にわかりやすくマシーンの使い方や、操縦のコツを教えてくれます。さらに現役のプロレーシングドライバーによるドライビングレッスン(有料)もあるので、初心者から本格派まで、誰でも楽しむことができます。また、池袋店の特徴は、まるでおしゃれなカフェバーのようなシックで落ち着いた雰囲気の店内。シミュレーターを降りた後は、スタッフや他のお客さんとモータースポーツ談義に花を咲かせることができるのも嬉しいですね。

旅行者に嬉しい予約なしでも楽しめる刺激的なスポット

モータースポーツの魅力は「スピード感はもちろん自由自在にマシーンを操ることができること」だと前田さん。その充実感と爽快感をひとりでも多くの人に知って欲しいそうです。そのためD.D.R池袋店は予約なしでもOKで、シューズのレンタルもしてくれるので、出張や観光で来ていて革靴やサンダルを履いていても、ふらりと立ち寄ることができます。ひとりで立ち寄ってタイムトライアルに挑戦してもよし、友達同士で同じコースでレースを楽しむもよし。友達同士で本格的なレースを楽しみたいなら、たとえば3人で訪れて、コンピューターで27台を設定し、合計30台による本格レースに参戦。マシーンダメージや燃料消費、タイヤダメージなどを取り入れたピット有りの本格耐久レースなどをプレイすることも可能です。それぞれの好みに合わせて、さまざまな楽しみ方ができる、レーシングシミュレーターにトライしてみませんか。