レポート

2017/08/17 09:00:00

AI時代の生産性向上に対して、日立が示した"社員幸福度"という解

- PR -

画像認識を使ったマーケティングや自然言語処理による自動接客サービスなど、ビジネスでの利用が進む人工知能(AI)。技術の進化は従来不可能だったことを可能にすることも多く、思いがけない使い道を生み出すことも少なくない。今回はAIとIoTを組み合わせることで組織幸福度の可視化に成功し、改善のアドバイスをするサービスを開発した日立製作所 研究開発グループ 技師長の矢野和男氏に話を伺った。

目次

1 人間の動きから"組織の幸福度"を可視化する
2 社員が高い成果を出すには幸せに働くことが大事