レポート

2017/08/12 15:31:54

iPad復活、進化が問われるのは次の四半期 - 松村太郎のApple深読み・先読み

- PR -

Appleが発表した2017年第3四半期決算のハイライトは、なんと言ってもiPadの復活だ。2014年第1四半期を境に、前年同期割れの販売台数を繰り返す長い下落トレンドに陥っていたタブレットのトップブランドは、今回の決算で、1,142万4,000万台の販売台数を報告し、下落トレンドを食い止め、再浮上に転じた。第3四半期で1,000万台以上のiPadを販売したのは2015年以来で、当時の最上位機種はiPad Air 2だった。

目次

1 立役者は第5世代iPad
2 市場のニーズに応えた結果
3 iPadの「次の段階」への期待
4 iPadの位置づけは、より明確に