千葉ショッピングセンター「C-ONE(シー・ワン)」

千葉ショッピングセンター「C-ONE(シー・ワン)」【千葉県】

JR千葉駅の移転に伴う市街地の整備と地元商業の振興を目的とし、昭和38年に県下初の高架下ショッピングセンターとして誕生したのが「C-ONE」。千葉駅から京成線千葉中央駅に至るまで、約700mのプロムナードが続きます。高架下は通り道となり、老若男女問わず行き交う人でいっぱい。A〜Dのブロックごとに、ファッション、生活雑貨、飲食店など約80店舗がひしめき、リーズナブルな買い物が楽しめます。

メンズからレディース、ビジネスからカジュアルまで様々なシーンに対応するAブロック

千葉駅方面から続くプロムナードを行くと、「C-ONE」最初のAブロックに突き当たります。フラワーショップや炭火ロイヤルブレンドのカフェから始まり、カンガルー堂の一角には、トラベルバッグにアクセサリー、革小物から、メンズライフのオンとオフに対応するさまざまなアイテムが勢揃い。すぐ隣は鬘をかぶったマネキンがズラリと並ぶファッション・ウィッグのお店。「C-ONE」のゆるキャラ「ホシーワン」のイベント(主に土日開催)用に購入する人もいるのだとか。 その先はレディースファッション、メンズカジュアル、犬猫好きにはたまらないペットグッズ、果てはスマホ修理のお店まで、便利なだけではなく、見て歩くだけでも楽しいエリア。

生活の便利な品が何でも揃うBブロック

Bブロックはドラッグストアに文具にコスメ、キュートな雑貨の300円ショップと、生活に便利なアイテムが何でも揃っちゃうエリアです。特にシューズショップが豊富で、カジュアルからエレガンスまで、お望みなら何でもといった感じ。ディスカウントもしているので、掘り出し物が見つかるかも!? レディース下着や靴下屋さんも女子には嬉しいポイント。猫グッズがキュートな和洋ミックス雑貨の「T(ティ)isane(ザーヌ)」では、ちょっとしたお土産が選べそう。

Cブロックのレストラン街はガッツリ食べたいランチや夜食にオススメ

京成線千葉方面に近いCブロックは、片側がちょっとしたレストラン街。ファストフードにうどんにパスタ、和定食といった定番から、ガッツリいけるステーキ屋、石焼ビビンバの「くいどん食堂」まで、和洋中何でも揃っています。ラーメン好きには陳麻家の担担麺や厚切りチャーシューの「らいもん」。自家製とんこつラーメンが人気の「一蘭」は、女子にオススメ。一席ごとに仕切られた味集中カウンターなので、人目を気にせず、替え玉だって注文できちゃいます。 テイクアウトには彩り豊かな「ほそや」のお弁当。創業百余年の米屋のおこわがホカホと店頭で湯気を立て、より食欲をそそられるでしょう。食材探しならDブロックのスーパー「アコレ」が便利です。