目の使い過ぎで心身に様々な悪影響を及ぼす眼精疲労…症状と対策は?

眼精疲労ってなに?

目を酷使し続けると、疲れ目以外にも、首や肩のこり、頭痛、イライラ感などの症状が起こってきます。このように目の使いすぎで、全身に疲れを感じる状態のことを眼精疲労といいます。

眼精疲労には、どんな原因がありますか?

眼鏡が合っていなかったり、眼位に異常があったりすると目に負担がかかり、眼精疲労の原因になります。また精神的なストレスが、眼精疲労のベースになっていることもあります。

パソコンや携帯、テレビなどのディスプレイ画面のことをVDT(Visual DisplayTerminal) といいます。VDT作業を長時間続けると眼精疲労になりやすいです。

眼精疲労の症状

眼精疲労の症状としては、物がかすんで見える、見えにくい、目が重い、目が痛い、目が疲れる、まぶしい、涙がしょっちゅう出る、目が赤くなる、目が乾く、物が二重に見える、などです。ひどくなると、気分が悪くなったり、頭痛がしたり、吐き気がすることがあります。

また、首や肩のこり、腰のだるさ、腰痛、背中の痛み、腕の痛みや手のしびれ、などの症状が出てくることもあります。

これらがストレスとなって、イライラ感や、不安感、憂うつ感などを引き起こすことがあります。さらに、疲労が慢性化すると仕事の能率が悪くなりますし、気分が落ち込んで、毎日の生活に張りがなくなるなど、さまざまな悪影響がでてきます。

眼精疲労の対策

近視の人の疲労予防策

裸眼で読書ができる近視は、裸眼で読書を行ない、遠くを見るときだけ眼鏡を装用するようにしましょう。また眼鏡を更新する以前に使用していた少し弱い度数の眼鏡を持っている人は、読書のときにはその眼鏡を用いてみましょう。

そうすることによって、読書や事務作業のときのピント合わせに要する努力を少なくさせることができ、目の疲労を予防することができます。遠くがすっきり見えないと満足できない人は、累進屈折力レンズを装用すると良いでしょう。

眼鏡で改善されない場合、近視矯正手術(レーシック)で治すことで快適になる方もおられます。眼鏡では見える像が小さく見えますが、レーシックで治して裸眼で見る方が像の縮小なく楽に見えるからです。

遠視の人の疲労予防策

子供の頃には1.0以上の視力があり、自信があると自慢している人で、目の疲れや肩こりを自覚している人の多くは遠視です。裸眼の視力が良くても、遠視を矯正する眼鏡やコンタクトレンズが必要です。ここでの眼鏡やコンタクトレンズはよく見えるようにするためではなく、目を疲れさせないために使用する必要があるのです。

夕方以降に本や新聞の字が見にくくて、読むのがおっくうになったら要注意です。適切な遠視矯正用の眼鏡を作成しましょう。この場合は、弱い加入度数の累進屈折力レンズをおすすめします。

眼鏡で改善されない場合、遠視矯正手術(レーシック)で治すことで快適になる方もおられます。眼鏡では見える像が実像と異なり大きく見えますが、レーシックで治して裸眼で見る像は実像に近く楽に見えるからです。

眼鏡はまず眼科に行くことが大切です

自分に合った眼鏡をかけなければさらに目を疲れさせてしまいます。眼科専門医に行くと処方箋を出してもらえるので、お店に行く前に眼科に行きましょう。眼鏡店に処方箋を持っていくと、目の位置や顔の形に合わせた眼鏡を作ってくれます。

読書する時には照明にも気配りをしましょう

読書などの際に、文字が読みづらくありませんか?たとえ適切な眼鏡をかけたり、レーシックで治したりしても、薄暗い部屋で読書などをしていると眼精疲労の原因になったりします。

照明をつける時には、手元の本だけを照らしたり、部屋だけを明るくするのではなく、天井灯と電気スタンドで両方を明るくすることが大切です。また、部屋の照明は蛍光灯の方が読書に適しているとされます。六畳でしたら80~100ワットくらいが目安です。

眼鏡が合わなくなったときは?

度数は、年齢とともにさらに進んでいきますので、大体65歳くらいまでは定期的に眼鏡の度数を変えていくことが必要になります。

その間、眼鏡はだいたい2~3年で合わなくなってきますので、定期検査をかねて眼科を受診し、検眼を受けるようにしてください。常に、そのときの自分の目に合った適切な老眼鏡を使用することが大切です。

(田川 考作:眼科医)