若い世代に期待する吉田 [写真]=野口岳彦

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦に向け、試合会場となる東京スタジアムでトレーニングを行った。

 5月末から合宿を行っていた欧州組に加え、5日からは国内組のメンバーも参加し、26選手で調整を実施。練習後、サウサンプトンのDF吉田麻也が取材に応じた。

 シリア戦に向けての準備に関して「いつも通り、守備から良い形で入る。相手は体格の良い選手がいるのでそこはしっかり押さえたい。ただ、基本的には僕たちがボールを回すと思うので、攻撃の面での貢献度も必要だと思う」と述べた。

 続いてセンターバック(CB)の相方について聞かれると「昌子源くんなのか三浦弦太くんなのか、それとも槙野智章くんなのか僕にはわからない。昌子くんだったらスピードもパワーもある。コーチングもこなせると思います。ただ、一緒にやった経験があまりないのでそこは心配。槙野くんともあまり一緒にやったことはないけど、特徴はわかっている。それぞれの弱点をカバーしあえれば良いなと。昌子くんにしても三浦くんにしても、もう少し早く出てこなきゃいけないっていうのは思ってました。現状、若いCBの頭数は少ない。だからもっと若い世代が日本代表に入って経験することが重要。試合に出れなくても、何かを盗んでくれたら良いなと思います」と若い世代の奮起に期待した。