国内最大規模のコスプレイベント「第13回 日本橋ストリートフェスタ2017」が19日に開催され、大阪・日本橋筋商店街周辺が多くのアニメ・ゲームファンで埋め尽くされた。同イベントには、さまざまなキャラクターの衣装に身を包んだコスプレイヤーが全国から集結。今年は話題のアニメ『けものフレンズ』や人気シリーズ最新作『ファイナルファンタジー15』などのレイヤーもさっそく登場していた。

オープニングセレモニー、そしてコスプレ&キャラクターパレードが終わるや、15時半まで道路規制されるメインの堺筋(日本橋筋商店街)エリアはさっそく撮影モードに。注目のコスプレイヤーの周りには人だかりができ、その混雑によって通りの端から端まで移動するのにも一苦労だった。

筆者にとって「ストフェス」への参戦はこれが初なのだが、ほかの大規模コスプレイベントに比べても「ハロウィン」や「ゲーム」などテーマ性がない分、取り上げる作品も多様で、『けものフレンズ』からジブリ作品までと幅広く、そこも興味深かった。作品の傾向を見ていると、『WORKING!!』、そして『ダンガンロンパ』(というより江ノ島盾子)率がほかのイベントよりも高い印象があった。江ノ島盾子に関しては、たこ焼き店の店員さん(焼いていた)をはじめ、5人以上を発見した。

本イベントは街を挙げてのお祭りでもあるため、沿道の店舗の店員さんたちが積極的にコスプレをする姿も新鮮に映った。また、道路規制解除後は商店会の特別撮影可能エリアに撮影の場が移り、趣のある商店街とコスプレという味わい深い写真を撮る楽しみもあるようだった。

それでは、大盛況だった「日本橋ストリートフェスタ2017」で特に注目を集めていた美人コスプレイヤー諸氏を紹介する。