日本初上陸の世界最大級のポップカルチャーイベント「東京コミックコンベンション(東京コミコン)2016」が千葉県・幕張メッセで2日、開幕した。会場ではアメコミ作品などのコスプレに身を包んだ美人コンパニオンたちが花を添えていた。

「dTV」ブースでは、『バットマン』のキャットウーマンに扮したコンパニオンさんが登場。また、今年公開された映画『スーサイド・スクワッド』で強烈なインパクトを残し、"悪カワ"として話題を集めたハーレイ・クインのコスプレも。ワンダーウーマンとセットで取材に応じてくれ、正義と悪を象徴するキャラクターの共演となった。

さらにアメコミ以外でも、「Daiichi」ブースではアニメ『おそ松さん』の松パーカーに身を包んだコンパニオンさんがPRを行うなど、東西の人気コンテンツがそろっていた。そして「エアアジア」ブースではCAの制服を着たコンパニオンさんの姿も。明日3日にはメインステージで「TOKYO COMIC-CON COSPLAY FASHION SHOW 2016 presented by Air Asia」も開催されるので、ぜひ会場を訪れてみてはいかがだろうか。

「東京コミコン2016」は12月2~4日にわたって開催。なお、2日はプレビューナイトとなる。入場は一般が当日2,000円(前売1,800円)、中高生は当日1,000円(前売900円)、小学生以下は無料。