ナイジェリアのウマル(左)、ミケル(中央)、トルースト・エコン(右) [写真]=Getty Images

 リオデジャネイロ・オリンピックに出場するナイジェリア代表チームは、またしてもブラジルへ飛び立つことができなかったようだ。3日、ナイジェリアメディア『Wolexis.com』が報じた。

 五輪ナイジェリア代表チームは、大会本番に向けて7月末からアメリカ・ジョージア州のアトランタでトレーニングキャンプを行っていた。8月4日(日本時間)にはグループステージ初戦で日本代表と対戦するが、チームはトラブルによってアメリカで立ち往生しているという。当初の予定では7月29日にブラジルへ出発する予定だったが、不手際によってチケットを手配できず、出発を8月1日に延期していた。しかし、1日のチケットを取ることができなかったために2日の便へ変更したことが報じられていたが、再度チケットを入手できず、出発を三たび先延ばしすることになってしまったようだ。

 これを受けてチームはチャーター便を手配することに決め、直接アトランタから試合会場のマナウスまで向かうという。アトランタからマナウスまでは8時間を要するため、チームは前日に現地入りすることになる。選手やスタッフは度重なるトラブルによってフラストレーションを溜めているが、これに加えて現地との時差にも苦しめられることになる。

 なお、ナイジェリアメディア『Sports Day』によると、ノルウェーのハウゲスンでプレーするDFウィリアム・トルースト・エコンは、クラブから直接チームへ合流することになっていたため、スケジュール通りにブラジルへ到着。遅れて現地入りするはずが、結果的に一番乗りでマナウスへ着いた模様だ。また、トルコのオスマンルスポルに所属するFWアミヌ・ウマルはヨーロッパリーグ(EL)3次予選のノーメ・カリュ戦に出場する見込みなため、日本戦は欠場するという。

 今回のトラブルの責任は同国スポーツ省とナイジェリアオリンピック委員会(NOC)にあるが、スポーツ大臣のソロモン・ダラング氏はオリンピックのプログラムを把握していなかったと伝えられている。