老若男女が悩まされる足の水虫。ただ、なる人とならない人の差はあまり知られていないのでは? 本稿では毎日のちょっとした心掛けで水虫を退治できる「水虫バスター法」をお伝えする。

水虫予防のために役立つ知識を学ぼう

聖マリアンナ医科大学の井上肇特任教授は、「水虫は白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる真菌(カビ)が皮膚の角質層に感染する皮膚病です。真菌、すなわちカビは、放置しておいた食パンなどに生えるカビと基本的に同じものです」と話す。

カビは高温多湿を好むため、「湿度と温度が高く維持される」「通気性が悪い」「蒸れている」といった特徴がある場所では感染しやすくなる。そのため、靴を履いた足の指先などは水虫菌にとっては格好のすみかになるというわけ。

また、最近は女性でも水虫で悩んでいるという人が増えている傾向がある。吸湿性の悪いストッキングに足指を圧迫するような細めのヒールを合わせると、窮屈な状態となり長靴と同じような環境下に陥るため、水虫が発生しやすくなる。

水虫の種類

水虫には以下のような種類がある。

■趾間型……指と指の間にできるポピュラーな水虫で、掻痒感を伴う
■小水疱型(汗疱状)……足底・側面に発症し、いろいろな症状を伴う
■角質増殖型……かかとのひび割れを主体として、この角質が割れると痛みを伴うことがある
■爪白癬(つめはくせん)……爪の間に白癬菌が感染し、爪の色を変色させる

「この中で厄介なのは爪白癬で、通常の外用薬では爪甲を通過して薬が届かないため治療が難しいです。こういった爪白癬は抗真菌薬の全身投与などが試みられてはいますが、肝機能に異常がある患者さんなどは副作用のために使用が制限されます。一方で最近開発された『クレナフィン』という外用薬は、爪甲を透過して白癬菌にまで薬を到達できる工夫がされており、1年間の使用が前提になりますが、簡便で有効性の高い治療法です」(井上特任教授)。

水虫ではないが、デリケートゾーンも通気性が悪くて多湿な環境なので、不潔にしていると同様の真菌感染症になる可能性があり注意が必要となる。余談だが、西洋から靴が持ち込まれる前(げたと草履で社会生活を営んでいた江戸時代)までは、水虫などはなかったとされている。

営業マンは水虫になりやすい?

先ほども述べたように、水虫菌は通気性が悪くて蒸れた場所を好む。以下のような特徴を持つ仕事に従事している人は気をつけよう。

一日中靴を履き続けて歩くような職業

水周りの仕事で、通気性の悪い長靴を履き続けるような職業

よりわかりやすく言うと、足指の根元の指と指との間に空間がない人は、通気性が悪くて、水虫になりやすい傾向にある。女性の場合は靴下ではなく、ストッキングでヒールをじかに履く状態が長いと水虫になりやすい。